アルバイトをしていると育児休業は取れないか

仕事をしている人が出産をするとき、産前産後休暇を取ることができます。産前産後は子供にとっても母親にとっても肉体的に辛い時期になりますから、労働基準法の方で一定期間休ませるように決めています。この間は健康保険から一定の給付が受けられるようになっているので全く収入がなくなることはありません。では産後休暇が明けたときにどのようになるかがあります。

アルバイトとして契約をしている場合に育児休業を取ることができるかできないかです。育児休業は2つの考え方があります。会社が定める育児休業と、育児休業給付です。会社が定める育児休業は労働基準法などにかかってくるもので、この労働者が雇用保険の該当者であろうとなかろうと関係がありません。ただしすべての労働者に取らせなくてもよいことになっています。その取り決めをしておく必要があります。

育児休業給付をもらえるかどうかですが、短時間労働者に該当する場合はその基準で給付を受けることができます。雇用保険料をきちんと支払っていれば受けることができます。しかし短時間労働者に該当せずに雇用保険料を払っていないならこの手当てをもらうことはできません。休むことはできますがその分収入が減るので気をつける必要があります。


Copyright(c) 2017 大学生はアルバイトするべきか否か All Rights Reserved.